RubyのDatadog ClientからMetricsが記録されない場合がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dogstatsd-rubyを利用しています。
バージョン5から、Client側が内部バッファを持つようになった影響で、終了時には明示的にflushしないとバッファの内容が残ったままプログラムが終了し、Metricsが喪失します。

auto-closeの処理が入っていると思いきや、一瞬だけ入ったのですが、すぐにrevertされました。

This feature is introducing way too much complexity for applications using forks: since the auto-close feature use a global list to store the instances list, it could lead to a fork dying trying to close an instance which has been created before the fork. It's not wrong, but it's complexifying the thinking process. It is better and important to manually close instances when they are not needed anymore (they create a socket and a thread, not closing the instance would leak these resources).

プログラムをForkする場合に、すごく複雑になるから。だそうです。

そんなわけで、自前で簡単に処理するように。

require "datadog/statsd"
datadog = Datadog::Statsd.new()
at_exit {
datadog.flush(sync: true) if datadog
}

v4と同じ挙動である、クライアントでバッファリングしないようにする事も可能です。その場合は明示的にflushする必要はありません。(大量にMetricsを送る場合は非推奨)

require "datadog/statsd"
datadog = Datadog::Statsd.new(single_thread: true, buffer_max_pool_size: 1)

参考