MySQL GUIクライアントのHeidiSQL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MySQLのGUIクライアントは色々ありますが、今回はHeidiSQLを使ってみました。理由はSSHトンネルをサポートしているからです。MySQLの他にMSSQL, PostgreSQL, SQLiteをサポートしています。

まずはここからダウンロード。この記事を書いたときはバージョン11.0でした。SSHトンネルにはputtyのplinkが必要なので、それもインストールしておきます。

以下のようなサーバにインストールされているMySQLに接続します。MySQLは127.0.0.1でListenしているため、他のサーバから接続する事はできず、サーバXにトンネルを張ります。ローカル側のポートは13308とします。

次のように設定します。

  • ネットワーク種別 → MySQL(SSH tunnel)
  • ホスト名 → 127.0.0.1 (トンネル先から見たMySQLのIPアドレス)
  • ポート番号 → 3306 (トンネル先から見たMySQLのポート番号)

SSHトンネルの設定をします。

  • plinkのパスを設定します
  • SSHホスト+ポートに サーバのSSHの接続先を設定します。VPSのIPアドレス。
  • SSHはパスワード方式ではなく鍵方式で接続するので、ユーザー名と鍵を指定します。鍵はputty形式のppkに変換しておきます。

接続ができました。

やっている事は単純にいかのような感じです。

1
2
ssh -L 13308:127.0.0.1:3306 server-X:22
mysql -h 127.0.0.1 -P 13308 -u mysql-user -p -D mysql-db