ACM会員になってオライリーの本が読み放題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

O’reilly Online Learning(Safari Books Online)はたくさんの本が読めるサブスクサービスです。
前職では会社が契約したのですが、個人で申し込むと月額49ドルと、なかなかお高い。

そこで安く使う方法として、年額ACMの会員になると、特典としてこのサービスへのアクセス権がついてきます。ACMの会員費用は年額99ドルです。さらに、私は学生でもあるので、学生会員として登録することができます。その場合、なんと年額19ドル。会員になるしかない!!
ACMといえば、コンピュータ分野全般を対象として国際学会で、チューリング賞なんかが有名ですね。SIGとしてはSIGGRAPH(コンピューターグラフィックスを扱う分科会)も有名です。

ACM デジタルライブラリーはジャーナルや論文へのアクセスができるようになるのですが、私はこれはいったん不要。

ACM登録方法

https://www.acm.org/membership/joinから「ACM Student Membership」を選択し、必要な情報を入力していきます。学生じゃない場合は、Professionalを選択する。その場合は入力項目が変わります。以下の画像は、学生会員の場合の例です。

クレジットカードかペイパルで支払う事ができます。私はペイパルで払いました。
(SIGGRAPHに参加する場合とか)オプションで色々つけることができますが、何もつけません。

アカウント作成

ACMの会員になっただけでは、アカウントがありません。アカウントを作ります。
会員費を支払ったあと、次の画面が表示されるので、「Create your ACM Web Account」を選択します。

キャプチャ画像を撮るの忘れてしまったので画像はないのですが、メールアドレスとパスワードを入れます。すると、Complete Your ACM Accountというタイトルで確認メールが来るので、メール中のURLを踏んで登録を完了させます。
その後、{account}@acm.orgというメールアドレスが作成されます。account名は氏名から自動生成されます。

マイページにアクセスできるようになります。

アクセスできる特典は、本だけでなく、主に3つあります。

  • O’Reilly (safari books online)
  • Skillsoft (LMS)
  • ScienceDirect (学術雑誌/電子書籍のプラットフォーム)

SkillsoftはLMSなのですが、コンテンツとしては以下のようなSafariにないような、例えばInside SSD本があります。

Safariへのログイン

ACMのマイページからリンクを踏んでSSOでログインして、ACMのIDとパスワードを入れればオライリーのサイトにログインした状態で遷移します。

日本語の本を探す

設定のLanguage PreferencesJapaneseにチェックを入れます

すると検索条件にJapaneseが出てきます。

日本語の本が出てきます

オススメの本

Brendan Gregg先生が最近出したSystems Performance, 2nd Editionはオススメです。Safariでは読めませんが、2nd Edition版ではないですが、システムパフォーマンス詳解として日本語版が出版されています。

The Manager’s Pathも良いです。これも日本語版が出ています。表紙はなんとなく見たことあると思います。

すごく古いですが、Java Concurrency in Practiceも良き。日本語版は「Java並行処理プログラミング」です。

日本語の本

せっかくなので、今時点(2021/04/08)の日本語の本の一覧を列挙しておきます。
2021年になってからは追加されていない😭

カバー タイトル 出版日/追加日
エレガントなSciPy ―Pythonによる科学技術計算 2018/11/09
2020/12/14
デザイニング・ボイスユーザーインターフェース ―音声で対話するサービスのためのデザイン原則 2018/11/30
2020/12/14
Infrastructure as Code ―クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス 2017/03/17
2020/12/14
初めてのPerl 第7版 2018/01/19
2020/12/14
Rによるテキストマイニング ―tidytextを活用したデータ分析と可視化の基礎 2018/05/17
2020/12/14
PythonとJavaScriptではじめるデータビジュアライゼーション 2017/08/24
2020/12/14
Rグラフィックスクックブック 第2版 ―ggplot2によるグラフ作成のレシピ集 2019/11/19
2020/12/14
ゼロトラストネットワーク ―境界防御の限界を超えるためのセキュアなシステム設計 2019/10/25
2020/12/14
Pythonデータサイエンスハンドブック ―Jupyter、NumPy、pandas、Matplotlib、scikit-learnを使ったデータ分析、機械学習 2018/05/25
2020/12/14
プログラミングRust 2018/08/09
2020/12/14
初めてのPHP 2017/03/17
2020/12/14
Rではじめるデータサイエンス 2017/10/24
2020/12/14
Lean UX 第2版 ―アジャイルなチームによるプロダクト開発 2017/07/03
2020/12/14
実践 CSIRTプレイブック ―セキュリティ監視とインシデント対応の基本計画 2018/05/18
2020/12/14
Head First Python 第2版 ―頭とからだで覚えるPythonの基本 2018/03/23
2020/12/14
Pythonによるデータ分析入門 第2版 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理 2018/07/25
2020/12/14
GitHubツールビルディング ―GitHub APIを活用したワークフローの拡張とカスタマイズ 2017/05/09
2020/12/14
バイオビルダー ―合成生物学をはじめよう 2018/11/20
2020/12/14
Optimized C++ ―最適化、高速化のためのプログラミングテクニック 2017/02/21
2020/12/10
入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン 2019/01/16
2020/11/19
Go言語による並行処理 2018/10/25
2020/11/19
Fluent Python ―Pythonicな思考とコーディング手法 2017/10/06
2020/11/19
アイソモーフィックJavaScript 2017/07/03
2020/11/19
ベタープログラマ ―優れたプログラマになるための38の考え方とテクニック 2017/12/14
2020/11/19
入門 Kubernetes 2018/03/20
2020/11/19
Pythonではじめる機械学習 ―scikit-learnで学ぶ特徴量エンジニアリングと機械学習の基礎 2017/05/24
2020/11/19
機械学習のための特徴量エンジニアリング ―その原理とPythonによる実践 2019/02/21
2020/11/19
エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド 2018/09/25
2020/11/19
SVGエッセンシャルズ 第2版 2017/05/16
2020/11/19
実践 Deep Learning ―PythonとTensorFlowで学ぶ次世代の機械学習アルゴリズム 2018/04/25
2020/11/19
進化的アーキテクチャ ―絶え間ない変化を支える 2018/08/17
2020/11/19
Reactビギナーズガイド ―コンポーネントベースのフロントエンド開発入門 2017/03/10
2020/11/19
初めてのJavaScript 第3版 ―ES2015以降の最新ウェブ開発 2017/01/19
2020/11/19
プロダクションレディマイクロサービス ―運用に強い本番対応システムの実装と標準化 2017/09/12
2020/11/19
Effective DevOps ―4本柱による持続可能な組織文化の育て方 2018/03/23
2020/11/19
PythonによるWebスクレイピング 第2版 2019/03/25
2020/11/19
分散システムデザインパターン ―コンテナを使ったスケーラブルなサービスの設計 2019/04/19
2020/11/19
データ指向アプリケーションデザイン ―信頼性、拡張性、保守性の高い分散システム設計の原理 2019/07/17
2020/11/19
詳説 Deep Learning ―実務者のためのアプローチ 2019/08/08
2020/11/19
入門 Prometheus ―インフラとアプリケーションのパフォーマンスモニタリング 2019/05/17
2020/11/19
初めてのGraphQL ―Webサービスを作って学ぶ新世代API 2019/11/11
2020/11/19
SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム 2017/08/10
2020/11/19
プログラミングROS ―Pythonによるロボットアプリケーション開発 2017/12/12
2020/11/19
詳解 OpenCV 3 ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識 2018/05/25
2020/11/19
Unityによるモバイルゲーム開発 ―作りながら学ぶ2D/3Dゲームプログラミング入門 2018/08/23
2020/11/19
マスタリング・イーサリアム ―スマートコントラクトとDAppの構築 2019/11/28
2020/11/16
インテリジェンス駆動型インシデントレスポンス ―攻撃者を出し抜くサイバー脅威インテリジェンスの実践的活用法 2018/12/25
2020/11/16
Python機械学習クックブック 2018/12/14
2020/11/16
ITIL Service Design (Japanese Translation) 2013/06/01
2020/10/29
ITIL Service Operation (Japanese Translation) 2013/06/01
2020/10/29
ITIL Service Strategy (Japanese Translation) 2013/06/01
2020/10/29
ITIL Service Transition (Japanese Translation) 2013/06/01
2020/10/29
ITIL Practitioner Guidance (Japanese Translation) 2017/03/01
2020/10/29
ITIL Continual Service Improvement (Japanese Translation) 2013/06/01
2020/10/29
Feedback That Works: How to Build and Deliver Your Message (Japanese) 2008/08/01
2020/10/26
Developmental Assignments: Creating Learning Experiences Without Changing Jobs (Japanese) 2008/07/31
2020/10/26
ITIL Foundation Handbook (Japanese Translation) 2015/06/01
2020/10/23
ITIL Foundation, ITIL 4 edition (Japanese Translation) 2019/11/01
2020/10/23

参考情報